安全安心のこだわり卵『ママのこだわり卵』、タズミの酵素、LR末、健康食品、健康食材、カルシウム 有限会社タズミ商事


安心が見える、
『ママのこだわり卵』の販売
健康食品・健康食材の販売
有限会社タズミ商事
〒679-2316
兵庫県神崎郡市川町東川辺
930-3
TEL 0790-26-3778
FAX 0790-26-3770
  LR(ルンベルクスルベルス)末 食品

「健康で長生き」の大敵は血栓症!

1980年、宮崎医科大学において赤ミミズ(皮を除いた部分)からに血栓溶解作用を持つ酵素(ルンブロキナーゼ)が発見されてます。

 

東洋医学舎刊2008年改訂新版 『健康・栄養食品事典』 より抜粋

     (画像 東洋医学舎 新ミミズ健康読本 より)
 

LR末とは                  

 LR末の「LR」は欧米に生息している赤ミミズ(学名=ルンブルクス
ルベルス Lumbricus Rubrllus)の頭文宇をとったもので、赤ミミズの
皮を除いた部分を乾燥させ粉末状にした健康食品が「LR末」である。
 ミミズは中国では古くから「地龍」と呼ばれ、皮の部分を乾燥・
粉末にしたものが主に漢方の解熱剤として利用されてきた。 
 市場に流通する製品の中心は、国内養殖〜国内加工
(原料の乾 燥・粉末化)〜製品化のシステムを整備すること
によって、いわゆる「安心・安全」の供給体制を構築しているもので、
後述する石井陽一氏(宮崎県)が養殖・加工技術を確立し、
現在も圧倒的なシェアを有している。


「健康で長生き」の大敵は血栓症

 平成18年度の日本人の死因別死亡数によると、1位は「悪性新生物」(ガン)で
全体の30.4%を占め、次いで2位は「心疾患」(15.9%)、3位「脳血管疾患」
(11.8%)となっている(厚生労働省「人□動態統計」年計概数)。昭和56年以降、
ガンがトップであることに変わりはないが、2〜3位は血栓と非常に関係の深い疾患と
いえる。2位の「心疾患」にはいくつかの症例が考えられるが、その9割は心臓の血管
が詰まって起こる心筋梗塞と見られる。また3位の「脳血管疾患」(脳卒中)には、
脳の血管が破れて起きる脳出血と、血管が詰まって起きる脳梗塞があるが、その
7割がたは詰まるほうの脳梗塞と言われている。
 つまり、血管の詰まり=血栓症というくくりで考えるなら、ガンに次ぐ27%余がこの
疾患で死亡
していることになり、血栓症が現代の日本人の健康にとって大敵となって
いる実態が浮かび上がってくる。



血栓ができるメカニズム

 ヒトが摂取した食品の栄養素は、消化管内で消化され、
炭水化物はブドウ糖に、脂肪は脂肋酸に、たんぱく質は
アミノ酸にまで分解されて腸から吸収され、血液中に入る。
そして、肺から入った酸素とともに血管によって体内
60兆個の細胞に運ばれる。
 この過程で、ブドウ糖と脂肪酸はさらに炭酸ガスと水
にまで分解され、体の活動源であるエネルギーを作り出す。
また、アミノ酸はたんぱく質に再生されて筋肉組織や
血液、ホルモンなどの材料となる。
 したがって、ヒトが健康を保つためには、体内の大流通網
である血液の流れをよくし、腸からの栄養吸収を正常に
促進することが是非必要である。血液が滞りなく流れている
状態なら問題はないが、何らかの原因で血液の粘度が高く
なると血流が滞り、さまざまな問題を引き起こす。
 血液の粘度を高める主因の一つが血栓であると
考えられている。血栓とは血液中にできる血の固まりで、
何らかの理由で血管が破れたり傷つけられたりして
出血が起きると、それを修復しようとするメカニズムが
働くことにより生じる
 この過程をもう少し詳しく見ていくと、傷にフタを
1.傷に血小板が集まってきて固まりを作り、
  する形で出血を止める
2.さらに、傷のところの血液そのものが凝固して傷を
  修復する
3.修復がすむと、役割を終えた血の固まり(血栓)が
  溶けて、もとどおりの状態になる。
 ――という、一連の作用が起きていることになる。
 すなわち血管が傷つくと、まず「凝固系」の反応が起きて傷を修復し、次に「線維素溶解系(線溶系)」の 機構が働いて、凝固の過程で生成された血栓を溶かし、はじめて傷の修復が完丁するわけである。
  血栓の正体は、上記の「凝固系」の反応の中で血液中の「フィブリノゲン」が変化してできた 「フィブリン」という物質で、変化のスイッチを入れるのは「トロンピン」である。またこれを溶かす役割をするのは、 「線溶系」の反応の中で血液中の「プラスミノーゲン」が変化してできた「プラスミン」で、 変化のスイッチを入れるのは「プラスミノーゲンアクチベータ」(PA)と呼ばれる。プラスミンがフィブリンを 溶かすことにより、血液中にはその残骸ともいうべき「フイブリン・デグラデーション・プロダクツ」(FDP)が 生成される。つまり、FDPが血液中から検出されれば血栓があった証拠となるわけで、ミミズ酵素が血栓溶解に 効果があることも、このFDPが手がかりとなって証明された経緯がある。